月刊ファッション通信

月刊ファッション通信 TOP

アナディス

2014年7月23日 01:46 / カテゴリ:[ 未分類 ]
0 Comment & Trackback

アナディスは今注目のブランドです。
トレンド感もありながらスタンダードなファッションをコンセプトにしていて長年愛用できるデザインも多いです。

ベーシックなデザインだと飽きが来ないですし、コーデのバリエーションも多くなります。
少し値段が高くても長持ちしますね。

フラワーレースブラウスは、涼しげでフェミニンな印象がステキです。
レースの透け感の中にカップ付きインナーを着るだけなので、これだけでもかなりオシャレでしょう。

今年も白パンが流行っているので、ネイビーのタイプと合わせればトレンド感も出せます。
カラバリは2タイプで、もう1つがホワイトです。

明るめカラーのボトムとコーデすると、フレッシュな印象に変わりますね。
定価が17,000円なのですが、いろいろなショップでセールが始まっているようですよ。

セールは交換できないのが不便ですがリーズナブルで嬉しいですよね。

デシンプチフラワー・プリントワンピース

2014年7月11日 10:01 / カテゴリ:[ 未分類 ]
0 Comment & Trackback

トランテアンソンドゥモードは、5周年記念を迎えました。
ブランド立ち上げをした時から、爆発的な人気になっていたデシンプチフラワー・プリントワンピースがリバイバルで発売されましたね。

サラッとした着心地が人気で、小さな小花柄がクラシカルな印象です。
6/26からの期間限定販売なので急いだ方が良さそうですね。

定価は9,612円ですが、すでにセールになっていて、3,996円で購入出来ます。
シンプルに1枚で着ても良いですし、カーデや羽織り物をプラスしてもオシャレに着こなせます。

スリーブに金具が付いていて、大人の雰囲気がアップしていますよ。
身長によってはスカートが短いと感じるようですので、採寸チェックは欠かせませんね。

160cm以上の方は短いと感じる方が多いようです。
しわになりにくいマテリアルが、夏のベタつくシーズンにもピッタリでオススメですよ。

ボタニカル柄

2014年6月19日 10:53 / カテゴリ:[ 未分類 ]
0 Comment & Trackback

今年のトレンドにボタニカル柄がありますね。
単なる花柄ではなく、大ぶりの花に葉っぱや枝もプリントされていているものが人気です。

ダーク系など色が濃いデザインで、水彩画の様なタッチも好まれます。
素材にもこだわりを持っているファッションがステキですよ。

ダークトロピカルの方が注目されていますので、人と差をつけようとするならナチュラル系の方が良いでしょう。

Otto Japan FABIAのボタニカルプリントワンピースは、ベージュに上品な柄が入っているので大人カワイイ印象です。

華やかなフラワーモチーフでフェミニンな着こなしが出来ますよ。
S-LLサイズまであり、バスト87-103の間ならOKでしょう。

サイズによって値段が違いますが、8,900~9,600円とお手頃なのも良いですね。
バックスタイルもスラッとしていてラインの美しさも特徴的です。

夏に欲しい1枚なのではないでしょうか。

フレンチリネン

2014年6月10日 07:36 / カテゴリ:[ 未分類 ]
0 Comment & Trackback

フレンチリネンもトレンドですね。
柔らかく着心地も良いですし、重ね着にも便利なアイテムです。

ちなみにフレンチリネンは亜麻100%のものがベストです。
麻を使っているとシワが気になりますが、上質なリネンでは心配ありません。

洗濯をして傷むというよりは、繊維が丈夫になって着心地はもっと良くなります。
ただ、物によっては洗濯をすることで縮むことがありますので、表示されている洗濯方法を守るようにしましょう。

麻素材のガサガサした感じがないのもフレンチリネンの良さなので、厳選していいものだけ手に入れたいですね。

吸汗・速乾性になっているものが多く、これからの汗をかきやすい季節にはオススメです。
爽やかに来られるので1枚は持っていたほうが良いでしょう。

思っているよりも高い値段ではありません。
ちなみに無印良品だと、フレンチリネンの長袖シャツが1枚で3,980円ですね。

The Dayz tokyo

2014年5月20日 03:48 / カテゴリ:[ 未分類 ]
0 Comment & Trackback

The Dayz tokyoは、ガーリーな印象がありますが、26~36歳の女性向けにデザインしているブランドです。

スタイリッシュでセンスの良いアイテムがたくさんありますが、26歳が選ぶのと36歳が選ぶのでは、かなり幅があるかなと言う印象です。

ワンピースでも、スウェットワンピだと、とてもショート丈ですね。
これは20代向きだと思います。

逆にSoft air cottonワンピはラインがタイトですけど、ひざ下の大人感が強いので30代向きだと思っていいでしょう。

混在しているのがいいところで年齢を気にしなくて構わないのでしょうが、場合よっては、ちょっと厳しい物があるのではないでしょうか?

アクセサリーの他にもコスメやグッズを扱っていて、トータルでファッションを楽しませてくれるブランドです。

参考までにワンピースだと値段は、10,000~20,000円の間が多いですよ。

センス・オブ・プレイス

2014年5月6日 06:54 / カテゴリ:[ 未分類 ]
0 Comment & Trackback

センス・オブ・プレイスは、アーバンリサーチから新しく展開しているブランドです。
トレンドを取り入れて、リーズナブルに提供するというコンセプトの元でスタイリッシュなアイテムがたくさんあります。

カラーやデザインもシンプルさの追求をしていて、クールな印象が強く感じられます。
スリッポンのステキなものがあり、これはスペルガとコラボしたものです。

スペルガは、イタリアで100年もの歴史を持っているシューズブランドですので、コラボシューズは、とてもオシャレです。

スリッポンはスエードタイプになっていて、上質感も十分です。
インソールもボーダーになっているので、靴を脱ぐシーンでもカッコイイですね。

メンズとレディースがありますが両方とも値段は10,152円です。
それぞれ4サイズの展開をしていますが、残念なことにネットではパープルが全て売り切れていました。

店頭を探すしかない状態だと思いますよ。

ジンジャーエール

2014年4月30日 07:29 / カテゴリ:[ 未分類 ]
0 Comment & Trackback

ジンジャーエールは2013年の秋に立ち上げられた新しいブランドです。
日本のブランドなのですが、女性スタイリストである百々千晴がWORLDとタッグを組んだ形ですね。

ターゲットとしている年代は20~30代女性で、甘めでありボーイッシュなテイストが盛り込まれています。

客観的に見てみると、どうも20代前半の女性が好むファッションに思えますので30代後半も同じ使い方が出来るのかな?と思うところがあります。

公式オンラインショップを見てみたのですが、トップスでは肩周りのボリュームが目立って、これは実際に着てみても盛り上がって見えるのかな?と不思議な気分です。

これはいいなと思ったのがアクセサリーかもしれません。
カラフルでポップなのですが、大人の女性が甘さを足すのにも、ちょうど良いデザインがたくさんありますね。

値段がリーズナブルで、これからも注目していきたいと思います。

進化する柄パン

2014年4月22日 03:32 / カテゴリ:[ 未分類 ]
0 Comment & Trackback

パンツで柄になっているのは、中々使いにくいですけど、去年から柄パンは定番になりつつあります。

チェックパンツも、おじパンのようにスラックスタイプが多かったですね。
最近では、レギンスのようにラインがキレイなものが多くなってきました。

エルフォーブルのデシンウインドペンチェックタックパンツもシルエットが美しいですよ。
ブラックとネイビーの2タイプでホワイトのラインでチェック模様にしています。

ポリエステル100%で、サラっと履けるのは、これから使いやすいアイテムになりそうです。
値段が11,880円なので、出来れば長く使いたい価格帯です。

ワンシーズンで終わりにするのには少し高く感じるかもしれませんね。
サイズは2展開ありますので、大きめだとウエストは82cmまで対応していますよ。

股下は、一般的な体型の方には少し長いかもしれません。

Atheのギピューパッチワンピース

2014年4月10日 09:00 / カテゴリ:[ 未分類 ]
0 Comment & Trackback

今年はレースのスカートが注目されていますが、レースワンピもステキな上品さを出しますよ。

Atheのギピューパッチワンピースは、レースの異なる柄をパッチワーク風に切り替えていて印象的なデザインになっています。

ホワイトとブラックがあり、清楚なホワイトもステキですよ。
ブラックは大人の可愛らしさがあって、こちらも捨てがたいなと迷ってしまいます。

パーティーシーンだけではなくデートやお出かけにも使いやすいでしょう。
49,350円ですが、大事に使っていくと長く愛用できそうです。

ホワイトは長年使うと黄ばみを解消しないと気になるかも知れないですね。
かなり人気が高くて、チェックすると通販でも残り数が本当に少ないんですよ。

長袖で腕もしっかり隠せますが、透け感が軽やかで美しいシルエットになっています。
丈もちょうど良くて、あまり甘すぎない感じに仕上がっています。

デニムタイトスカート

2014年3月19日 12:16 / カテゴリ:[ 未分類 ]
0 Comment & Trackback

今年のスプリング・トレンドは、去年のペンシルスカートの流れから来て、千鳥柄がデニムにスイッチしていますね。

フェミニンに見せられる千鳥柄とは違った印象で、カジュアル使いが出来ますので、デイリーでも活用していけます。

デニムのカラーもワントーンだけではなく、ウォッシュタイプもありますし、マテリアルにも豊富な種類があります。

履き心地の良さを追求することも出来ますよ。
動きやすいようにストレッチ素材になっているものがありますね。

かなり前に流行ったデニムスカートよりタイトなシルエットなので、スタイルに自信がないと難しいかなと言う印象もあります。

フロントボタンでクラシカルな雰囲気になっているものもありますので、気分によって使い分けられるのがデニムの柔軟性かもしれません。

少し違ったバリエーションでは、ウエストにタックも入っていますよ。

次のページ »